ご来場ありがとうございました!(第50回西荻ブックマーク「『古本屋ツアー・イン・ジャパン』がやって来る!」)

nbm50

第50回目となる今回は、ブログ「古本屋ツアー・イン・ジャパン」の管理人、小山力也氏と岡崎武志氏の対談。
「古本屋ツアー・イン・ジャパン」というどんな団体なんだ?と一瞬思うような、謎に包まれていたお方だったが、話術巧みな岡崎氏が徐々に、そのベールをはがしていく。
まず「生まれた年は?」ときかれ、「昭和42年」と小山氏が答えると、「アイドルは?」などとぽんぽんと質問が発射されていく。ちなみに小山氏の世代は沖田浩之だそうな。
ブログに記された最初のお店は、私が探せず、挫折した宇都宮の「山崎書店」だ。
二番目が浜松の「時代舎」で、その次の長野の古本屋ぐらいから、記述が更に詳しくなっていく。
この人はこのツアーを仕事にしているんだろうか……? どうしてこんなに日本全国あちこちに行けるのか?という大きな疑問もバンドの携帯サイトの動画配信などをしていたという答えで解決。
もともと本の装丁やデザインが本職だという。バンドに同行していればライブで津々浦々にいけるからまさに古本好きにはまさに一石二鳥ではないか。
本職の仕事がちょっとやばくなり、小山氏は「ネットで本を売ろう」とふと思う。
「そのためにはまず、ブログだ」と2008年5月にブログを開始。
そのとき、「どうせ全国の古本屋を紹介するなら、徹底的に詳しく書こう」と。
これがもうすごすぎるの一言。
いままでこんな古本中毒者を喜ばせる、うならせるブログがあっただろうか。
グーグルマップにもひっかからないような秘境とよんでもいいような辺鄙な場所の古本屋でも何故か、このブログには掲載されているのだ。そのへんをずばり、岡崎氏が突っ込むと、「全方位」と一言。会場全体が「?」に包まれる。
勿論、岡崎氏の追及の手が更にのびる。
本や雑誌、ブログ、ネットなどで常に調べるのだそうです。人のブログも参考にして、女性誌のカフェ特集にも目を通し、昔の古本屋地図と突き合わせる。
「女性誌のカフェ特集に掲載されるようなおしゃれ系の古本屋では古本をみてる人がいない」と言う小山氏に会場は爆笑だ。
ここまで古本屋に対して情熱を注いでる人だからこそ、934店もの古本屋を制覇できたのであろう。
そんな小山氏の少年時代はどうだったのか?と岡崎氏は観客の知りたいことをスムーズに聞き出してくれていた。
小さい頃から古本屋に通っていたのはなく、古本屋に行きだしたのは大学生になってからだという。
昭和初期の探偵小説が欲しくて古本屋に行ったのだ。

nbm50

もうひとつの小山氏の凄さの秘密にも岡崎氏は鋭く迫る。
それは会場で配られた「古本屋ツアー・イン・ジャパンの他愛ない12の秘密」というペーパーにある古本屋の見取り図だ。
古本屋を制覇した数だけでもすごいが、ただ行ったというだけではない、記憶力の凄さに脱帽だ。
自分が行ったこともないのに、ありありと棚構成がイメージできる見取り図で、どうやって覚えるのかと聞かれたら、店外に出て、どこの棚に何があったかを、さっとメモしていくらしい。

nbm50

打ち上げで少し聞いたが、まず、全体を頭にインプットしてから、棚ひとつひとつみていくそうだ。ううむ、恐るべし。
たまに、店主がいないすきを狙って、わざと大きな声で咳をしながら店内を撮影することも。
店の外構えは必ず、撮影するようにしているが、中には、店の前まで来ても入れない古本屋もあるといい、「あぁ、わかる」と同意したのは岡崎氏だけではないだろう。
空振りしたり、入れなかった古本屋を数えるとどのくらいになるんだろう……?
「『入っていいですか』と聞く業種なんて古本屋ぐらいだ」と皮肉る岡崎氏に会場も笑いを抑えられない。
小山氏は古本屋に突撃するとき、基本、事前連絡はしないという。「雰囲気が変わるのが嫌で、その町の人がふらり、やって来たという感じにしたい」ということと、もう一つは、「電話自体が苦手だから」と語る。

nbm50

後半は小山氏が撮影した古本屋の画像をみながら、古本屋のベストテンと、ユニークな古本屋を紹介してくれた。
  • キー・ラーゴ(千葉)
  • プラハ書房
  • 港文堂(横須賀)
  • 斎藤書店
  • 時代舎
  • 浅沼古書店
  • 萌黄書店
  • 雄気堂
  • 古書モール(竜ヶ崎)
次は、え? ホントにここ、成り立ってんの?といいたくなるようなユニークすぎる古本屋のご紹介。
木更津インターチェンジの「街の古本屋さん」、基本的に値段が二桁の横須賀の「堀川書房」、広島の「文ろ書店」、などなど。
夜7時頃、震度3の地震でちょっとざわついたが、それをのぞくと最初から最後まで笑いあり、驚きありの古本中毒にはたまらないトークショーで、あっという間に時間が過ぎた。

スタッフ:増田


ご来場ありがとうございました!(第49回西荻ブックマーク「吉祥寺で出版社を営むということ」)

nbm49

西荻窪駅北口から徒歩1分の場所に、都内最古のビリヤード場「山崎ビリヤード場」があります。
2月27日、その2階をお借りして、出版社を営む3人の方々にお越し頂きました。
アルテスパブリッシングの鈴木茂さん、図書出版クレインの文弘樹さん、そして夏葉社の島田潤一郎さん。3社の共通点は、タイトルにもある通り、吉祥寺に事務所を置いていることです。
床がギシッときしむ、懐かしい昭和の雰囲気が漂う部屋に60人以上の方が集まりました。
ちょうど前日の朝日新聞の文化面(全国版)に、島田さんと文さんがご本人の写真とともに取り上げられた、という嬉しい話もあり、記事のコピーを皆で見ながら、この話題から始まりました。
島田 昨日は興奮した母に8時位に起こされて……過大評価以外の何物でもないです。注文は新たな所からは来てないです。この土日は落ちつきませんでした……。
 二、三の書店からメール注文がありました。あと、知人から数年ぶりに連絡がありました(笑)
鈴木 全国紙には2回広告を載せたことがありますけど、動きはほとんどゼロでした。でも記事に載ったら期待できますよね。
――スタートしてすぐに笑いが起こり、緊張がほどけます。続いて、吉祥寺という場所については一番古いという文さんからこんな話が。
 四谷から5年前に移転してきました。別に吉祥寺でなくてもよかったんですが、交通の便が悪いと、著者や友人も来ないだろうなと思い、結果として吉祥寺になりました。ところが思っていたより吉祥寺は家賃が高かったんです。坪1万円以上。四谷ではマンションの一室でしたが広かったものですから倉庫も兼ねていたんです。今は別の場所に倉庫を借り直している。まあ、経費削減にはなってないんです。
鈴木 もともと音楽之友社という出版社にいたのですが、同じく編集をやっていた木村という元同僚と二人で立ち上げました。登記上の本社は木村が住む稲城市にしてあります。最初は月曜社さんのように、それぞれの自宅をオフィスにしていたのですが、スタッフを一人雇い、またお客さんも呼びづらいということもあって、ネットでたまたま見つけたのが、いまの事務所兼ぼくの自宅です。住宅街の中のふつうの一軒家なんです。
島田 僕は駅から近いところに分譲マンションの1室を借りています。しょっちゅう、ブックス・ルーエ、リブロ、ブックファーストに行っています。神保町で毎日棚を眺めているのと、吉祥寺で毎日棚を眺めているのでは、つくるものが変わってくると思う。
鈴木 神保町はうちのスタッフが通勤するにはちょっと遠いんですよ。定期代もバカになりませんしね。それと新しい出版社なので、従来と違うイメージを持ってもらえればとも思ったんです。

続きを読む »


ご来場ありがとうございました!(第48回西荻ブックマーク「今宵、短歌と」)


2010年も残すところ10数日となった12月19日(日)。第48回西荻ブックマークが開催されました。

出演者は歌人、小説家の東直子さん。進行役としてわれらが北尾トロさん。トロさんが聞き手として進めてゆきます。

まずは、東直子さんの紹介。歌人でもあり小説家でもある、東直子さんの短歌をはじめられる前のこと、はじめられたきっかけ、小説と短歌の取り組みかたと表現方法の違いなど、トロさんならではの柔らかく包みこむ口調でありつつも、ときには鋭い切り口を見せるインタビューが展開します。

つづいて、イベントの時点では発売前にあたる最新の短歌集『十階』の朗読。

短歌日記のかたちをとっていて、2007年の365日分の歌が一日一ページ分収録されています。

3年前にあたる作中の同12月19日から31日までが朗読されます。

東直子さんのお誕生日、クリスマス、年の瀬、おせち作り、大みそかとイベントのつづく年末の毎日が短歌となって朗読されてゆきます。

そのあとは、短歌集の編集と構成について、歌壇の結社と歌人の話、東さんが書かれたミュージカル、twitterでの短歌など、話題はあちこちに飛びかいます。

スポットライトを浴びた東直子さんは、ベージュのマフラーに黒のトップスという落ちついた印象の服装で、頻繁に見せられる笑顔はちょうど冬の午後の暖かい陽射しのようでした。

休憩時間に、物販コーナーの『十階』はたちまち完売してしまいました。

後半の第2部からは、お客さん数名がこの日のために作ってくださった短歌を、東さんが朗詠し、歌の寸評をおこなってゆきます。

NHK短歌でも添削指導を行っている東直子さんならではの鋭い寸評。加えて、男、女それぞれの歌詠みさんへの作歌のアドバイスなどもされました。

東さんは小説も7冊刊行されていますがそれぞれの作品のカラーが違うとトロさんもうなり声まじりに感想を述べていました。

そのように多才な表現形式を持つ東直子さんですが、短歌と小説では使う筋肉が違う、でも、いろいろなものをたくさん書いてゆくのが、面白くて仕方がないです、とにこやかな笑顔でしめくくられました。

今後の東直子さんの活動ぶりが楽しみでもあり、頼もしくもありました。

スタッフ:添田


「大森・山王書房の旅」レポート

昔日の客12月12日の午後、JR大森駅の改札前に、夏葉社の島田さんの企画「大森・山王書房の旅」に参加する面々が集まりました。夏葉社さんのツイッター告知で知ったという9名が、この秋に復刊した関口良雄著『昔日の客』(現在2刷)へのそれぞれの思いを携えてやって来ました。

関口良雄さんの御子息・直人さんの案内で、一行はバスに乗って池上通りを進み、〈大田文化の森〉で下車。目指すはそのバス停から数分の場所にある、旧・山王書房です。当時の面影はないですが、かつては夜9時位まで明かりがついていたお店がそこにあったのです。一同、最初から、気持ちがかなり高まります。
山王書房の看板
そして招かれて入った玄関で一同が見上げた先には、「山王書房」の看板が。さらに感動です。
1階のお部屋に通して頂いたのですが、そこは“良雄さんと山王書房の部屋”。書棚には文章に登場した作家たちの著作がぎっしりと収まっていました。
玄関でにこやかに迎えて下さった故良雄さんの奥様・洋子さんが加わって、「この先がお店になっていて、親父はこう座って…」と直人さんの話が始まり、山王書房での良雄さんの写真など思い出の写真を次々と見せてもらいました。壁には作家から送られた色紙や、直筆の若山牧水や石川啄木の歌が。半紙に書いたそれらの歌は、表がガラスの箱に入れて後ろからライトを当て、店に飾っていたのだそうです。だいたい一週間に一度は替えて楽しんでいたそうで、それをお店の前を通るバス停や乗り込んだバスの窓から見て楽しんだ人もいたとか。馬込の文士村へ行く人が途中で立ち寄り、店主との会話を楽しんでいたというエピソードなどが、お二人から語られました。そして、最も興奮(感動)したのは、野呂邦暢さんから贈られた著作『海辺の広い庭』を、直人さんが開いて見せてくれた時でした。
そこには青の地に黒く太めの文字で、“昔日の客より感謝をもって”の一文が。
……現在、夏葉社では追悼文集「関口良雄さんを憶う」の復刊作業を進めています。来年のまだ春を迎える前に、私たちは読む事が出来そうです。それを聞いた一同は、期待が膨らんで仕方ありませんでした。

さて、ひとしきりお話を聞いて、お二人の案内で「昔日の客」ゆかりの場所や大森・池上界隈の散策へと出発しました。直人さんの説明を聞きながら、目指すは大田区立の川端龍子記念館。目的は併設の龍子公園(龍子のアトリエとその庭)です。解説付きで龍子が設計・建築した元住居を見学した後に、一同は馬込の住宅街に入り込みます。作家・三島由紀夫邸の前を静かに通り過ぎ、女優・長岡輝子のエピソードを洋子さんから聞きつつ自宅跡を見ながら南馬込方面へ。 “新しい家ばかりになってしまった”と話す洋子さん。起伏のある馬込の坂道を、杖をついてすたすたと歩いていきます。もうじき80歳になられるとは思えないその健脚に一同は驚きながら、桜並木に出て、黒鶴稲荷神社のある高台の等閑森(とうかもり)へ。

直人さんが子どもの頃は、夕方になると大森方面を一望に見渡せる場所としてよく来ていたそうです。今は木々が生い茂ってよく見えません。
さらに休むことなく(!)池上方面へと歩き、表紙の口絵に使われた曙楼跡へと向かいます。かつて賑わっていた当時の面影はありませんでしたが、看板がありました。
日が暮れ始める頃に今度は池上本門寺へ。夕闇の中で文豪や有名人のお墓を教えてもらい、盛り上がりながら抜けていきます。本堂へ出た頃にはあたりはとっぷりと暗くなっていましたが、気にせず向かった先は良雄さんお気に入りの散歩先の一つ、『孤独の橋』です。散歩に出かける時の良雄さんは、いつでも句を詠めるように筆記用具を携帯していたそうです。
そのお気に入りの橋の下には、当時はなかった都営地下鉄浅草線(終点:西馬込駅)の引き込み線と車庫がありました。鉄道ファンが好きそうなその場所は、良雄さんによってそんな素敵な名前がつけられていたのですね。
ここでまだまだツアーは終わらず、池上梅園公園を通り過ぎて大坊本行寺へと向かいます。このお寺の境内で良雄さんを撮った写真があるということで、思い出の場所なのです。つい数年前に良雄さんが亡くなられたかのように詳しく懐かしそうに話すお二人の様子に、故人への強い愛情を感じました。
ツアーの最終地は東急池上線池上駅でした。3時間以上の長い散策の最後、洋子さんからの“皆さん、お疲れさまでした”の言葉に、先にこちらがお礼を言うべきなのに…と恐縮してしまいました。
お二人のお陰で本当に楽しいツアーとなりました。私は下調べをほとんどせずに出かけてしまったのですが、当時の街の様子その時代の生活も実際に知らなくとも、お二人の案内で文士村の雰囲気を、そして当時の馬込や池上界隈を実際に体感したかのような錯覚に、一瞬捉われました。帰りの東急線では、ツアーの内容と『昔日の客』を頭の中で繋げて反芻していました。関口良雄さんを憶う
『昔日の客』を読み返すたびにしみじみと余韻に浸っている読者の皆さん、来年の早いうちに夏葉社さんから素敵な復刊作品が届きます! 楽しみに待つことにいたしましょう。

スタッフ・加藤


ご来場ありがとうございました!(第47回西荻ブックマーク「七〇年代は やっぱり劇画の時代だった。」)

第47回nbm

第四十七回の出演者は、七〇年代屈指の劇画誌としてマンガ史に残る「増刊ヤングコミック」の元編集者・橋本一郎さんと戸田利吉郎さんのおふたり。そして、「QJマンガ選書」シリーズなどマンガ関連書籍を数多く手掛けてこられた編集者・赤田祐一さんです。

会場には、編集者、マンガ家、マンガ研究者などを中心に、熱心な劇画ファンのお客様が集まってくださいました。

プロジェクターから「増刊ヤンコミ」の表紙や誌面が映しだされるなか、まずは橋本・戸田両氏の紹介からスタート。

橋本さんは、朝日ソノラマ社員として、「オバケのQ太郎」ソノシートや新書マンガ・シリーズ「サンコミックス」創刊編集長をつとめた後、少年画報社に入社。少年誌の編集部を経て、「増刊ヤンコミ」へ。退社後の現在は、文筆家として活躍されています。

一方の戸田さんは、大学卒業後、少年画報社に入社。「少年キング」で望月三起也などを担当された後、橋本さんが立ち上げた「増刊ヤンコミ」編集部へ異動。雑誌休刊後は「ヤングキング」編集部などを経て、一昨年、少年画報社社長に就任されました。

戸田さんは少年時代に読んだ平田弘史の作品に衝撃を受け、マンガ家をめざした経歴を持ちます。学生時代には貸本マンガ誌に作品を発表したこともあったとか。そんな戸田さんが、「鋭角的」で熱気ある劇画誌を作るべく試行錯誤していた橋本さんと出会い、両者がタッグを組むことで生まれたのが「増刊ヤンコミ」でした。

七〇年代は「ヤンコミ」をはじめ、「漫画アクション」「ビッグコミック」などの青年誌が台頭した時期であり、同時にいわゆる「三流劇画」、エロ劇画全盛の時代でもありました。劇画黄金期と言ってもいい当時を彷彿させる、作家や編集者のエピソードが、おふたりから次々と語られていきます。

原稿執筆中、登場人物になりきっていた平田弘史の迫力。とにかく遅筆で、原稿が真っ黒になるまで下書きしていた山上たつひこの粘り。原稿の遅さに手塚治虫を殴ってしまった他誌の編集者の顛末(橋本さん曰く「手塚さんは暴力に弱かった」!)。そして、鬼才・石井隆の発見と、ポップな老大家・杉浦茂や気鋭の若手・大友克洋が編集部に原稿を持ち込んできた経緯……。

おふたりの軽妙な語り口に、客席からはときおり笑い声も起こります。

さらに、合間に語られた当時の雑誌の制作事情(通常は原稿を写真製版してフキダシ部分に穴をあけ、セリフを活字で組み校正刷を出していたが、原稿が遅い作家に限っては写真植字を使っていたこと)、性表現の問題をめぐる鉄道弘済会や警視庁との軋轢等も、当事者ならではのリアリティに満ちた貴重な証言でした。

「増刊ヤンコミ」には、平田弘史や山上たつひこをはじめ宮谷一彦や松森正など原稿の遅い作家が揃っていました。なぜそんな書き手ばかりが集まったのでしょうか?
「マンガって、その作品にかけた熱量が怖いくらいモロに読者に伝わるんです」と橋本さん。だからこそ「原稿の早い遅いではなく、作品の熱量の高さだけが基準だった」。他誌の編集者が「大人の対応」で遅筆の作家を遠ざけていくなか、逆にそうした作家たちと徹底的に付き合うことで、他にはないパワフルな作品を生み出そうとしたのが「増刊ヤンコミ」だったのです。
「宮谷さんや平田さんといった原稿の遅い、ある意味やっかいと思われていた作家を一手に引き受けたことが、この雑誌を面白くしたポイント」と赤田さんはまとめます。それゆえ、読者のみならず作家の側からも熱心な支持者を多数生みだしたのだ、と。

戸田さんは作家に仕事を依頼する際、必ず腹案を持って臨んだそうです。どんなベテランや人気作家にも「何でもいいから描いてください」とは決して言わなかった。常に編集者として、自分のアイデアと熱意を作家にぶつけていた。つまり、一回ごとの作家との出会いに自分を「賭け」ていた。

それを受けて、「自分の感覚を信じて、非妥協的に相手に向かっていくこと」が何より大事、と橋本さんが応えます。橋本さんもまた、〆切ギリギリになっても、代原(間に合わなかった場合、代わりに使うための原稿)は持たず、「気迫で押して」作家から原稿を取ったそうです。

こんな息の合ったやりとりからも、おふたりが同じ思いで雑誌作りに臨んでいたことがわかります。こうした姿勢があってこそ、今見ても強烈な迫力に満ちた「増刊ヤンコミ」の誌面が生まれたのに違いありません。

休憩を挟むことなく繰り広げられた、約二時間の濃密な劇画談義。最後は戸田さんのご好意で、ご自身で作られた非売品の冊子を希望者にプレゼントするなごやかな雰囲気のなか、閉幕となりました。

何はともあれ、七〇年代から現在まで、マンガへの変わらぬ情熱を持ち続けているおふたりの持続力に驚かされた二時間でした。どんな時代になろうとも、結局本作りで重要なのは作り手の志だけではないか――と、そんなメッセージを受け取った気がします。三十年以上前の雑誌をめぐる内容でしたが、今のマンガにはない劇画の熱気と面白さはしっかり伝わったのではないでしょうか。

なお橋本さんは、現在手塚治虫についての著書を準備中とのこと。これまでとは一味違う手塚論、マンガ論の誕生が期待できそうです。完成を楽しみに待ちましょう!

スタッフ:宮里