第90回西荻ブックマーク 手塚治虫とその時代 担当編集者が語る天才の素顔

teduka

ご予約につきましてはこちらのメールフォームをご利用ください。電話または店頭でのご予約もできます。

 

日時:2016年1月30日(土)

開場:16時30分
開演:17時
終演:19時(予定)
会場:信愛書店en=gawa(リンク先に地図あり)

料金:1,500円
定員:30名

 

第47回西荻ブックマーク「70年代はやっぱり劇画の時代だった」にご出演いただいた、元編集者の橋本一郎さんが、

担当編集者として見た手塚治虫との日々を描いた回想録『鉄腕アトムの歌が聞こえる 手塚治虫とその時代』(少年画報社)を

刊行されました。

 

「鉄腕アトム」アニメ化~劇画の隆盛、虫プロの倒産~「ブラックジャック」での復活、と波瀾万丈だった手塚の60~70年代、

編集者として手塚と時代を併走した橋本さん。

 

同書は、TVアニメ版『鉄腕アトム』の誕生秘話や、人間味あふれる手塚の記憶、一癖も二癖もある個性的な「手塚番」の

編集者たち……戦後マンガ史の一面を知る貴重な資料であり、同時に無類に楽しい読物でもあります。

今回は、橋本さんに天才・手塚との付き合いや、手塚の周囲に集った出版人たちのエピソードをたっぷりうかがいます。

聞き手は、47回にも出演していただいた編集者・赤田祐一さんです。

 

出演:橋本一郎/元少年画報編集者。「サンコミックス」創刊編集長

赤田祐一/編集者。「クイックジャパン」創刊編集長。現在は「スペクテイター」編集部に在籍

【出演者より】
私は4年半がかりで『鉄腕アトムの歌が聞こえる』を書き上げました。
そして帯の惹句を頼まれたとき、ためらわず
「あの天才の熱筆する姿を見た。心が震えた。凄すぎる。
手塚ほどマンガを愛し、マンガに愛された男はいなかった」
という原稿を渡しました。
手塚先生とは63年、鉄腕アトムの主題歌をソノシートしてミリオンセラーになったのに始まり、
『増刊ヤングコミック』に75年1月まで「鉄の旋律」を連載したおつきあいになります。
私が居合わせた、その創作現場を見たままに私自身の言葉で語りたいと取りかかったのです。
それはイカロスの挑戦のようなものだったかもしれません。
そこで私があらためて気づいた手塚の素晴らしさや凄さ、またどうしても書けなかったことなど、この際、
心のままに熱く語りたいと思っています。ぜひお出かけください。

                           橋本一郎

 


第89回西荻ブックマーク 『黒鳥館戦後日記』をよむ 中井英夫と戦後文学

02_nakaiseishun1

12月より西荻各所で開催される中井英夫展。
西荻ブックマークでは、関連イベントとして
生前に親交のあった文芸評論家の東雅夫氏をお招きし、
彼の残した『黒鳥館戦後日記』の魅力や、戦後文学や
戦後文化との関わりなどについてお話しいただきます。

 

【満員御礼!】おかげさまで、今回は定員となりました。
告知通り、予約受付を締め切らせていただきます。
以降のお申し込みはキャンセル待ち扱いとなります。

キャンセル待ちのお申込みはこちらのメールフォームをご利用ください。

電話または店頭でのお申込みもできます。

 

  出演:東雅夫(文芸評論家)
    日時:2015年12月13日(日)
 会場受付:17:00 

   開演:17:30  (19:00終了予定)

    参加費:無料(予約制)
  会場:ガレリア青猫


  定員:20名

※定員に達し次第、申込みを締め切らせていただきます。

東雅夫(ひがし・まさお)
1958年、神奈川県横須賀市生まれ。アンソロジスト、文芸評論家、怪談専門誌「幽」編
集顧問。ふるさと怪談トークライブ代表。早稲田大学文学部日本文学科卒。1982年に研
究批評誌「幻想文学」を創刊、2003年の終刊まで21年間にわたり編集長を務めた。近年
は各種アンソロジーの企画編纂や、幻想文学・ホラーを中心とする批評、怪談研究など
の分野で著述・講演活動を展開中。2011年、『遠野物語と怪談の時代』(角川学芸出版
)で、第64回日本推理作家協会賞を受賞した。評論家として「ホラー・ジャパネスク」
や「800字小説」「怪談文芸」などを提唱。NHKテレビ番組「妖しき文豪怪談」「日本怪
談百物語」シリーズ等の企画監修や、「幽」怪談文学賞、「幽」怪談実話コンテスト、
ビーケーワン怪談大賞、みちのく怪談コンテストなど各種文学賞の選考委員も務める。
著書に『文学の極意は怪談である』(筑摩書房)『なぜ怪談は百年ごとに流行るのか』
(学研新書)『百物語の怪談史』(角川ソフィア文庫)ほか、編纂書に『文豪怪談傑作
選』(ちくま文庫)『伝奇ノ匣』(学研M文庫)『てのひら怪談』(ポプラ文庫)の各
シリーズほかがある。


第88回西荻ブックマーク「オカタケVS古ツア 『古本屋写真集』スライドトークショー」

20151128オカタケフルツアイベント(夜)チラシ

《オカタケ&古ツア 西荻ふるほん祭り》

今年もやります。岡崎武志・小山力也の古本トークショー。

〔昼の部〕オカタケ&古ツアのガレージ古本市

日時:2015年11月28日(土)
時間:11時〜17時
場所:銀盛会館1階

〔夜の部〕オカタケVS古ツア 『古本屋写真集』スライドトークショー
日時:2015年11月28日(土)
開場:17時30分
開演:18時
終演:20時(予定)
場所:銀盛会館2階
参加費:1,000円
定員:25名
出演:岡崎武志・小山力也

 

岡崎武志氏、古本屋ツアー・イン・ジャパン小山力也氏のこれまで撮りためた日本全国の古本屋写真を大公開。
お互いの古本屋写真を見ながらトークバトルを繰り広げます。
いまはもう閉店してしまった幻の秘蔵古書店写真も多く飛び出します。

 


第87回西荻ブックマーク「古本と詩と出版と~荻原魚雷・島田潤一郎トークイベント~」

 

gyorai

 

【日時】2015年8月30日(日)

開場16:30/開演17:00

【料金】 1,500円  要予約

【会場】 ビリヤード山崎

東京都杉並区西荻北3丁目19−6

http://yamazakibilliard.nighttalker.net/

【出演】荻原魚雷・島田潤一郎

 

ご予約につきましてはこちらのメールフォームをご利用ください。電話または店頭でのご予約もできます。

 

[イベント概要]

この6月に新刊『書生の処世』(本の雑誌社)を刊行した荻原魚雷さん。
アメリカンコラムに私小説、ノンフィクションからマンガまで、さまざまな本が登場する同書には、
楽しく暮らすヒントをもとめて読書する日々が綴られています。

今回のブックマークは、この4年ぶりの著書刊行を記念して、魚雷さんに登場していただきます。
お相手は、夏葉社・島田潤一郎さん。同時期に夏葉社で復刊された詩集『小さなユリと』(黒田三郎)には、
魚雷さんの見事な解説も収録されています。

意外にも、公の場でのトークは初となるおふたり。
2015年の出版と本の世界をめぐって、リラックスしつつも充実したお話が聞けそうです。ぜひおいでください!

 


第86回西荻ブックマーク 目時美穂×川崎賢子トークイベント「真面目に不真面目を生きた男 文 人・戸川残花」

第86回西荻ブックマーク

目時美穂×川崎賢子トークイベント「真面目に不真面目を生きた男 文人・戸川残花」

425-7

2015年6月20日(土)

開場16:30/開演17:00

料金:1500円

要予約

会場:ビリヤード山崎2階

杉並区西荻北3-19-6

 

ご予約につきましてはこちらのメールフォームをご利用ください。

電話または店頭でのご予約もできます。

 

[イベント概要]

幕末・明治・大正の激動の時代を生きた文人・戸川残花。旧幕臣にして

、クリスチャン、ジャーナリスト、教育家、禅僧……三千石の旗本家に

生まれ、明治維新に朝廷に帰順した「裏切り者」「敗者」の知られざる

人生を追った評伝『油うる日々 明治の文人戸川残花の生き方』(目時

美穂・著、芸術新聞社)がこのたび刊行されました。残花の波乱に満ち

たユニークな生涯と彼が生きた時代について、著者の目時さんと近代文

学研究者・川崎賢子さんに語っていただきます。

 

[出演者プロフィール]

目時美穂

静岡県生まれ。明治大学文学部フランス文学専攻修士取得、博士後期課

程単位取得満期退学。専攻研究のかたわら、明治時代の文化風習、文学

に興味を持ち、在学中、古書情報誌『彷書月刊』へ。2010年の休刊号ま

で編集に携わる。

 

川崎賢子

宮城県生まれ。文芸評論家、日本近代文学研究者。久生十蘭、谷譲次、

尾崎翠、夢野久作、吉屋信子など昭和初期モダニズム文学の研究で知ら

れる。また満州の文学、満州映画協会についての著書『彼等の昭和』で

サントリー学芸賞を受賞。著書に『尾崎翠 砂丘の彼方へ』『読む女書

く女 女系読書案内』『宝塚というユートピア』など。2012年より日本

映画大学教授をつとめている。