ご来場ありがとうございました!(第79回西荻ブックマーク「リアリティとは生きた証」 ~『井田真木子著作撰集』刊行記念トークショー)

nbm79
午後4時半開場、5時開演。開演の時点で、会場はほぼ満席です。客席はリアルタイムでの井田真木子読者の世代と、後追いの若い世代が半々といったところ。
生前の井田さんと面識はないという、北沢さん、北條さん、清田さん。
実は三人ともに、作家・井田真木子との出会いは遺作『かくしてバンドは鳴りやまず』だったとか。そこから著書を遡って読んでいく過程で気づいた初期~晩年にいたる文体の変化と、試行錯誤の末にたどりついた『かくしてバンドは~』のスタイルについて…と話題は進みます(「この作品で新しい文体を獲得した井田さんは、次へ進もうとした矢先にいなくなってしまった」北沢さん)。
北條さんは、井田さんが詩を書くことから出発した点に着目、若き日の井田さんが寄稿した詩誌「無限」を持参してくださいました。著作撰集にも一部収録された詩集『雙神の日課』とともに、井田真木子の知られざる原点が垣間見える貴重な資料です。
一方北沢さんは、井田さんが大学卒業後、早川書房に勤務していた経歴に触れます。井田さん在籍時(70年代後半)の同社は、海外ノンフィクションを盛んに翻訳刊行していた時期でした。このことが、井田さんの仕事に影響を与えているのではないか? なるほど、『かくしてバンドは~』では、会社員時代に出会った『さもなくば喪服を』(L・コリンズ&D・ラピエール)の鮮烈な記憶が語られていました。
また井田さんの文章には、並び立つ二者を登場させ、そのうちの一方へ思い入れていく特徴的なスタイルがある、とも(K・バーンスタインとB・ウッドワード、長与千種とライオネル飛鳥など)。いずれも、著書を読みこんだ人ならではのハッとさせられる着眼点です。
そして、『井田真木子著作撰集』の編集・発行人である清田さんは、井田さんのご両親とのやりとり(お父様は見本ができる数日前に亡くなられたそうです)や、担当編集だった方たちの反応(「どなたも井田さんの思い出を次々語ってくれました」…)等、本が出来上がるまでについて、版元ならではのエピソードを交えて語ってくださいました。
印象的だったのは、井田さんが知人たちへ、互いに内容が食い違う話を語っていたという事実です。たとえば、「自分が聞いた話では、井田さんの本名は真木子ではなく槇子だとか」と北條さん。それを聞いた清田さんが井田さんのお母さんに確認したところ、そうした事実はなく、本名は「真木子」で間違いなかったそうです。
井田さん本人が発信源と思しい真偽不明の噂がいくつも残されていること。ここからわかるのは、井田さんが本来的に「物語る人」だったことだ(「たとえば寺山修司のように」)、と北沢さん。議論は「綿密な取材に基づき、主観を排し、事実のみに立脚して、ある事件や現象を描く」とされる従来のノンフィクションと、井田真木子の手法の違いへと続いていきました。
もう一点、北沢さんの発言で興味深かったのは、出世作『プロレス少女伝説』についての指摘です。曰く、『プロレス少女伝説』は「サブカルチャーを題材にしたはじめての大宅壮一賞受賞作だった」。しかし、それ以降、同路線の受賞作が出なかったことが、その後の日本のノンフィクションを狭いものにしてしまったのではないか? 北沢さん自身の仕事への姿勢に支えられた説得力ある言葉でした。
途中休憩をはさみつつ、2時間超のトークはここで終了。さまざまな方向に話題が広がる(そこからさらに議論が発展しそうな)中身の濃い時間となりました。
清田さん曰く、「本の売れ行き次第では、著作集の続刊も作りたい」とのこと。井田さんが残した作品の数々は、読み継がれるべきリアリティを今も失っていません。この日来てくださった方々にも、その魅力はしっかり伝わったのではないでしょうか。
今回の本には入らなかった『小蓮の恋人』や『十四歳』が読める続刊が、ぜひ実現してほしい。そのためにも、『井田真木子著作撰集』がいっそう多くの読者を得るよう、心から祈ります。

(宮里)

追記/今回は特別に、北沢さん、北條さん、清田さんからコメントをいただきました。

続きを読む »


【旅の本屋のまど】エッセイスト 一青妙さん スライド&トークショー◆「魅惑の古都、台南の楽しみ方」

「旅の本屋のまど」では、「旅」をキーワードにした本に関するイベントが定期的に開催されています。
西荻北の実店舗やホームページをぜひチェックしてみてください!
http://www.nomad-books.co.jp/

1009watasinotainan新刊「わたしの台南 ~ほんとうの台湾に出会う旅」発売記念
◆エッセイスト 一青妙さん  スライド&トークショー◆
「魅惑の古都、台南の楽しみ方」
【開催日時】  10月9日(木)   19:30 ~ (開場19:00)
【参加費】   900円   ※当日、会場入口にてお支払い下さい
【会場】  旅の本屋のまど店内
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
e-mail :info@nomad-books.co.jp
1009hitototaesan(お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
※定員になり次第締め切らせていただきます。
【お問い合わせ先】
旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
http://www.nomad-books.co.jp/
主催:旅の本屋のまど
協力:新潮社

» 詳細はこちらから
旅の本屋のまど
http://www.nomad-books.co.jp/


【旅の本屋のまど】イラストレーター 竹永絵里さん スライド&トークショー◆「パリ20区の楽しい巡り方」

「旅の本屋のまど」では、「旅」をキーワードにした本に関するイベントが定期的に開催されています。
西荻北の実店舗やホームページをぜひチェックしてみてください!
http://www.nomad-books.co.jp/

parisbook_01新刊「大人かわいいパリ20区ガイド」発売記念
◆イラストレーター 竹永絵里さん  スライド&トークショー◆
「パリ20区の楽しい巡り方」
【開催日時】  9月25日(木)   19:30 ~ (開場19:00)
【参加費】   900円   ※当日、会場入口にてお支払い下さい
【会場】  旅の本屋のまど店内
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
e-mail :info@nomad-books.co.jp
(お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
※定員になり次第締め切らせていただきます。
【お問い合わせ先】
旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
http://www.nomad-books.co.jp/
主催:旅の本屋のまど
協力:大和書房
Exif_JPEG_PICTUREprofile

» 詳細はこちらから
旅の本屋のまど
http://www.nomad-books.co.jp/


第79回西荻ブックマーク

井田真木子 著作撰集「リアリティとは生きた証」
~『井田真木子著作撰集』刊行記念トークショー
出演/北沢夏音・北條一浩・清田麻衣子

日時:2014年8月31日(日)
17:00~19:00(開場16:30)
会場:今野スタジオマーレ
定員:30名
料金:1500円
2001年に44歳で亡くなったノンフィクション作家・井田真木子。神取忍や長与千種ら女子プロレスラーたちの姿を追った大宅壮一賞受賞作『プロレス少女伝説』や、特異なノンフィクション論である絶筆『かくしてバンドは鳴りやまず』など、決して長くはない活動期間中に濃密な仕事を残して去ったこの作家を、もう一度読み返す。
いま彼女が生きていたら、どんな本を書いただろう? 彼女の仕事の「リアリティ」とは? 一人出版社である里山社・清田さんは、井田さんのどこに惹かれて撰集を刊行するにいたったのか?
井田さんの仕事に強い関心を持ち続けているライターの北沢夏音さんと北條一浩さん、そして清田さんに、いまも古びない井田真木子の魅力を語っていただきます。

出演者プロフィール:

北沢夏音
1962年生まれ。ライター、編集者。大学卒業後、少年マンガ誌、ジャーナル誌等の編集に携わる。92年、街と音楽をつなぐインディペンデント・マガジン『Bar­f­Out!』を創刊。同誌を離れ、マガジン・ライターとして独立後は、数多くの雑誌にサブ・カルチュアにまつわる文章を寄稿。現在も多岐にわたる活動を続けている。著書に『Get back, SUB! あるリトル・マガジンの魂』(本の雑誌社)がある。

北條一浩
1962年生まれ。ライター、編集者。「サンデー毎日」等でインタビューや書評を執筆。著書に『わたしのブックストア 新しい「小さな本屋」のかたち』(アスペクト)、編著に『冬の本』(夏葉社)、取材構成に『西荻窪の古本屋さん 音羽館の日々と仕事』(広瀬洋一著、本の雑誌社)などがある。

清田麻衣子
「里山社」代表。大学卒業後、出版社勤務を経て独立。2013年に一人出版社・里山社を設立する。今回の『井田真木子著作撰集』が、『はまゆりの頃に 三陸、福島2011~2013年』(田代一倫)につづく2冊目の刊行物となる。Webマガジン「マガジン航」にて、里山社をおこす過程を書く「本を出すまで」を連載中。
http://satoyamasha.com/


【数寄和】詩人の聲 天童大人プロデュース第1138回

「西荻窪 数寄和」では、詩の朗読イベントが定期的に開催されています。
サイトをぜひチェックしてみてください!
http://www.sukiwa.net/

岩崎迪子『丘の上の非常口』Projet La Voix des Poe`tes
詩人の聲 天童大人プロデュース第1138回
8/20(水) 18:30 開場 19:00 開演
出演 岩崎 迪子  「丘の上の非常口」出版記念
予約2,700円 当日3,000円 学割1,500円

ご予約・お問い合わせはお電話またはEメールにて。
http://sukiwa.net/wordpress/archives/1572

» 詳細はこちらから
数寄和 Sukiwa
http://www.sukiwa.net/